〜越前 朝倉氏の研究記録〜

 

門閥の雄  概要   朝倉孝景英林    朝倉英林壁書    所見

 

 

■ 門閥の雄

朝倉一系一族 悠久の七百年。

朝倉うじ 朝蔵氏 浅倉氏 浅蔵氏 安桜しょう 浅井氏

稲葉氏 上杉氏 大嶋氏 斎藤氏 武田氏 長井氏

 

あの、激動の戦国期に、一武将が多機能な未来都市を建設、庶民文化と、政治経済の発信地として一乗谷を築いた目的は。 遺記孝景条々から、封建社会真っ直中に朝倉の萬世一系合理主義がどの様に理解されどの様な影響を与えたものだろうか。 この時代、これ程までに人倫を重んじた理由はやはり一族の永久とわの繁栄を願った英林独自の改革の一策ではなかったか。

今世においても同様、人倫を重んじなければ良い人材は育たない。また、良い人材が集まらなければその集団の将来はない。 その起発を作るのは言うまで もなくあるじであるが、そのあるじ自体の資質、人格が今問題なのである。

(参考典籍、福井県史、岐阜県史、日本史大典中世法制史、古語大辞典、新釈漢文大系、日本国語大典、漢和大辞典)

 

■ 概要

朝倉一族の起源は平安時代、但馬たじま養父やぶ朝倉から生じている、 後に越前に国替えし南北朝時代から足利方の名門で畿内近国における室町幕府体制の重鎮であった。 しかし、一向一揆、姉川の戦い、刀禰坂とねざかの激戦と続き、致命となる主と都をなくし、 あの天下分け目の関ヶ原の合戦(1600)を待たずして、政経に影響力をなくしていった。

その後、多くの旧臣たちにより復興を願い軍記、史籍などが綴られ、一族の結束と存続をはかってきたが、 江戸幕府においては殆ど名声を聞く事なく、明治、大正と過ぎ去り、昭和も四十四年になり四百余年の永い眠りから 一乗谷市街は地中から全貌の輪郭をさらし目覚める事になる。

(朝倉始末記、朝倉家録、朝倉越州記、加賀一向一揆、賀越闘諍記、越州軍記、孝景条々、朝倉宗滴話記わき、朝倉記などが多く武家の教典となっていた)

 

■ 朝倉孝景たかかげ英林

正長元年4月19日生文明13年7月26日没(1428−81)嫡子氏景うじかげとその家臣、子孫への遺記、 家訓十七箇条一書従本(同様文で十六条とも言う)を記し越前を統一、一乗谷(福井市の東南10k足羽あすわ川支流一乗谷)に 朝倉一族の近代都市やかたを築き本拠地とした。

最新の土木技術で、他に類例のない都市を計画、神社仏閣、一族の居館群、武家、商業地の町屋敷などを南北半里の谷地に成形し、 平安京を模した都を制定した。下城戸門と上城戸門との高低差25Mの間を570丈(約1730m)できっちりと割り、10丈(100尺=30.3m)を基礎単位として、 その倍数で民家、町屋、武家の区割りする測量技術などはその水準の高さが分かる。しかも、一万を越える人口を集め、それが百年も続けば、 それは紛れもなく中世の都市計画による都市の形成である。

当時の常識で、城下町は防衛と従属武将の忠誠心を組み合わせ、あるじを中核にし放射状に階級を配置する、 悪くとも主は最後まで生き延びる設計がされている。しかし、一乗谷はその概念が少し違う、東方一乗山の山頂に城を築き、その麓に館を置き、 左右に側近武家を置き一乗谷川を挟み町屋、中級武家、寺院が並ぶが、以外にも上、下城戸閭門外に重臣を配備し、 しかも、経済的副中枢として繁華させる設計などは、商業も兼ね合わせた自由流通の都市計画ではなかろうか。

領国統治は安定し、都からは公家、文化人の多くが滞在し、一大文化と経済の発祥地となった。 また、足利義昭(室町幕府最後の将軍)もこの場で元服を迎え長く居留したという。 この理念に基づいた国造りが五百数十年前に存在した事実は財力、技術力を誇示し、栄華の極まりかと合点するかも知れぬが、 なにか、現在の我々を取り巻く経済第一主義に追われる社会構造とは違った別の世界があったような気がする。

『壁書』の文中には随所に強調されているが、しゅたるは人として行うべき道理、 守るべき秩序の概念が確立していれば必ず良い人材が育成出来ると言う信念が強調されている。 この信念を信頼した従士はそれ以上の倫理観を持ち、都市一乗谷と言う情報伝達と社会環境の適性規模の中で自了の力を発揮、 他の卒士に伝わる、不言之教と言うべきか時間は掛かるが確実に地勢が上がる。

本旨ほんしは防衛の都合でこの地形に都を設定したと言うが、英林の思想はそれ程単純なものでは無いと思う。 『報本反姶もとにむくいはじめにかへす』と言う言葉がある、大地一乗谷から受けた恩栄に感謝し、その英知をまた一乗谷に返す、 英林ここに照準を合わせていたのではないか、この思想の循環還流は地理的にこの一乗谷でなくては出来なかったのではないか。

一段上の領主の館群から全市が一望でき、都の端まで徒歩で小半時、水利よし、治安よし、産業の自給ができ、 経済が過大膨脹しても山間のため人口制限が出来る仕組み。行政改革、地方分権はここから始めるべきではないか。

この様な理念に基づき物心共に理想郷を築き上げ、国の中枢機関とその都を造り上げてしまった男は他にいただろうか。 国を思い、民の繁栄を深慮してか、それとも一族の末を案じてか、はたまた英林自身自分への果たし状なのか。 創造力豊かな理想の個性派であったに違いないが、これだけの独創性は余程の基礎教育を受け基本修得が成立していないと通常は空論となってしまう。 文末にも表現されているが当時の論語は絶対的なものであったと思う、しかし、この古典さえも彼は比喩をさけている。 また、司馬しば法、孫子などの兵法の引用がない、 すでに奈良時代、政治家吉備真備きびのまきびらが留学した唐から兵書が多く舶載され知識層には秘法として伝わっていたが、 あえて純国粋派である。

今日の政治、経済において随分倫理観が論議されているが、英林の理想の都市『一乗谷』、一乗谷から発した英林の理念『壁書』を理解すれば、 余りにも違う倫理観に論比なぞ辱禍之至言う。 その英林から百余年が流れ四代目、義景につなぐが時の知将浅井長政、武田信玄らと、反信長勢力を結成し矛ほこを交わすが、 天筒山てづつやま、姉川の戦いを経て、刀禰坂とねざかの合戦で不覚をとり天正元年(1573)八月、 四十二才で一族と共に生涯を閉じる。

→朝倉英林壁書へ